専門分野に強い

医大生

大阪には大学受験の予備校はたくさんいます。最近は、専門的な予備校が増えてきました。例えば大阪の中でも、医学部を狙う人のための専門的な予備校もあります。実は医学部予備校自体は昔からありますが、医学部予備校の中でも最近注目されているのが一つの大学に特化しています。かつては、医学部と呼ばれるジャンルが確立されていましたが、決して一つの大学に特化した教え方はあまりしていませんでした。せいぜい小論文を書く勉強するぐらいです。ですが最近は、特定の大学のための勉強法を確立しており、一つの大学を目指す人にとっては、非常にありがたい仕組みとなっています。さらに、個別指導や個別対応などが注目の理由になっています。

どれぐらいの費用がかかるのか

大阪の医学部予備校に通う場合には、一体どれぐらいの費用がかかるものでしょうか。費用に関しては、高校生なのかそれとも浪人生なのかによって随分と変わってきます。高校生の場合には、学校に通いながら夕方以降に予備校に来るスタイルですので、そこまでお金がかかりません。とはいっても、個別の授業を選んでしまうと年間で100万円を簡単に超えてしまう可能性があります。個別の指導を選ばなければ、40万円ぐらいで年間を通してかようことが可能になるでしょう。これは夏期講習などを含めてもそれぐらいの金額に抑えることは可能になります。これに対して浪人生の場合には、80万円以上のお金の支払いが必要になります。夏期講習などはなしで考えて、それぐらいのお金を用意しておかなければいけません。

専門の模擬試験などがある

模擬試験は、全体の中の自分の順位を知るには非常によるものです。そのため定期的に模擬試験を受けた方がよいですが、中にはあまり役立たないような試験もあるのも事実でしょう。例えば、医学部とそれ以外の学部が混ざった試験です。確かにこの試験は全体の順位を把握することは可能になりますが、それだけで合否を明確にすることは難しいです。この点に関しては、予備校側が様々な工夫をしており、例えば大阪の医学部予備校ならば医学部だけの試験なども用意しています。さらに個別化すると、一つは大学のための模擬試験も用意しており、その大学の傾向がそのまま主題される可能性があるため、本番さながらの緊張感を持って試験を受けることが可能になるでしょう。しかも、特定の大学の模擬試験の場合には、順位なども明確になるため、自分のたち位置が明確になりやすいです。そのような意味においても、非常にメリットがあるといえるでしょう。

広告募集中